おみせやさん


おみせやさん
伊藤秀男 作
333号



E6B30237-9798-4256-AD94-3F77373A7166.jpg


1983年昭和58年12月1日号。種類ごとにお店を構え集合体になっている商店街がまだ活気にあふれる時代のお話だと思います。ニュータウンと呼ばれる地域で、スーパーマーケットと言う、一つの建物で何でも揃ってしまう、それこそスーパー便利なお店が席巻し始めた時代でもあったでしょうか。もともと商店街で買い物をすることが皆無な地域に住んでいたので(近所に商店街はありましたが、自分が買い物に行くことはほとんどなかったため、殆ど記憶にありません。)このような「おみせやさん」は、ドラマや映画の疑似体験による記憶が主なのです。それでも、スーパーには、お肉とお魚は必要な分だけ買い求めることができる売り場になっていて、量り売りで買い求めていた記憶があります。お店の人と会話をしながら買い物をするのは楽しいですし、大切なことだと思います。その上、いろいろな意味で食材や入れ物等の無駄もなくなると思うのですが、どうなのでしょうね。
posted by 花ちゃんとクマの菜葉 at 22:51Comment(0)300号台

いもうとのにゅういん

いもうとのにゅういん 
筒井頼子 さく・林明子 え 
323号

085155F3-DB73-4C6B-B6BB-CFFAD6BA1BB0.jpg
「はじめてのおつかい」「あさえとちいさないもうと」の続編だと思っています。妹が生まれ、お母さんのお手伝いで今まで、できなかったことが出来るようになってくる、だんだんお姉さんらしくなっていく、その過程の追体験、疑似体験させてくれる作品群です。
お姉さんになる、というだけの成長物語ではなく、自分以外の人のことを思い少しだけ我慢する、ちょっと立ち止まって誰かのことを考えてみる、何かを譲ることができる心持ちになる、精神的な成長のお話だと捉えると、家族みんなの心の成長物語だなと思います。両親のあさえに対する対応と、特にお父さんとあさえとの関係は、文だけでなく絵の中でかなりしっかり描かれています。兄弟がいる場合、こんな風に長子は、徐々におとうさんっ子になっていくのかもしれないな、と気が付いたり、お父さんが子どものことをもっと考えるきっかけになる出来事ってこんなところにあるのかも、と思ったりもしています。
posted by 花ちゃんとクマの菜葉 at 00:00Comment(0)300号台