とうだいのひまわり

とうだいのひまわり
にいざか かずお さく・え
1973年9月1日
210号



522B7DEA-BA2B-42C9-8829-81A507DD3EFF.jpg



風船で運ばれてきたお手紙付きのひまわりの種から始まるこの絵本。こんなことが私にも起こったら、ちゃんと育てて同じように風船で飛ばしたいと妄想したものです。少し大きくなってから、環境という観点から、風船を飛ばすのはよろしくないことなのだ、という話を聞いたときに、そうなのか、と思ったもののこの絵本のように遠く離れた人と、偶然につながる夢のようなことが起こせないんだな、と残念に感じたものです。
この物語の主人公ともいえるひまわり。小学生の頃に育てたひまわりそのもの。ざらざらした太い茎がぐんぐん背を伸ばし、大輪の花をさかせ、太陽の動きに合わせてその顔を動かすひまわり。学校というところと縁が切れてから、こんな大輪のひまわりを見ることもなくなりました。
そして、灯台。今では灯台無人化で、同様の生活をしている人は少ないと思いますが、島国日本ならではの、海沿いに住むある家族の日常を疑似体験できる大切な作品です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック