2016年09月10日

ちいさなねこ

ちいさなねこ
石井桃子 さく
横内襄 え
1963.5.1.
1977.5.1.

Little cat.JPG

描き出されている町、車、男の子等のすべてが子どもの頃にみた風景なのだ。連綿と続く日々の時の流れの中では気付かない変化が、こんな風に突然、ちょっと離れた時代の様子を見せられると、あ、いつの間にかこんなに変わったのか、と懐かしさという感情とともに感じられるのだ。絵本も大切な記録媒体の一つだな、と、既に名作として目にした「作品たち」とは違った感覚でそんなことを意識する。
主人公の子ねこが単体で座っている様子だけで、子ねこということがわかる凄さ。表一と表四で、その子ねこの前面と後姿になっていて、そんな遊び心。本文内の絵では、「ちいさなねこ」の表情、体の動きが、その事柄が起こった瞬間を見事に伝えてくれている。今なら、連続撮影を可能にしたカメラが動きのあるモノの様々な瞬間をとらえ、人の目で見やすい状態にしてくれるけれど、おそらく肉眼で根気よく観察し、捉えたその瞬間の様子をこの作品の中に生かしたのだろう。
posted by 花ちゃんとクマの菜葉 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441799288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック