ゆうちゃんのみきさーしゃ

ゆうちゃんのみきさーしゃ
村上祐子 さく
片山 健 さ
1968.7.1.
1975.9.1.


yuchan.JPG



ミキサー車とタンクローリーの違いは何なのだろう、というところから始まった再読。ゆうちゃんが乗るのがミキサー車ということは、常にぐるぐる回し続けないといけない物質がタンクに入っている、もしくは、入るということになる。混ぜることで何かが出来上がるということだ。
お話は、まず、ミキサー車の誕生から始まる。目の前にあるものを何かに見立てるということ、よく遊びの中でやりましたが、そういう誕生の仕方です。愉快なミキサー車が歌を歌うと、ゆうちゃんと共に出発進行。ミキサー車の中に入れるものを探しに出かけるわけですが、森に入って狭い道でとうせんぼ状態になったとき、ミキサー車の歌がおまじないになって、ちゃんと道を通してくれるというところも、楽しいです。森を抜けると、そこは、アイスクリームの材料の宝庫。同じ様にボールで材料を混ぜれば、はちみつアイスクリームができるのではないだろうか、とまじめに考えてしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442071179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック