ぐりとぐらのかいすいよく

2017/07/20 14:37
ぐりとぐらのかいすいよく なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え 245号 夏、そして、海をキーワードに好きな絵本を選ぶと、この作品がすぐに思い浮かぶ。 こんな出会いがあるといいな、と憧れたものに、ビンに入ったお手紙を海辺で拾って、それがきっかけで人とつながること。今の時代、ビンにお手紙を入れて流すなんて、「海の環境を汚す」ことだと、正義を振りかざしそうなモンスターな人たちもいるのだろうけれど、通信手段の一つとして(果てしなく不確かな通信手段ではあ..

続きを読む

そらいろのたね

2016/08/09 16:09
そらいろのたね なかがわえりこ さく おおむらゆりこ え 1964.4.1. 1973.4.1. びっくりするほど恐ろしい終わり方をするお話しである。「そらいろのたね」から空色のお家が出てきて、ずんずんと大きくなって、小動物から大きな動物、お友だちまでみんな入って遊ぶことができるような大きさにまで成長する。この辺りは、次はどれだか大きくなって、誰が入れるようになるのかな…と期待させる展開。この過程は楽しいし、面白い。でも、強欲になるべからず、夢のような時..

続きを読む

たからさがし

2016/01/05 21:31
たからさがし  なかがわりえこ さく おおむらゆりこ え 1964.11.1./1973.8.1. 一人遊びを良くしていました。そして、一人遊びのときは、家にいるお友だちたちがよく話しかけてくれました。この絵本のゆうじ君のように、動物のお友だちがいればもっと面白かったなと思いますが、ぬいぐるみのお友だちたちが一緒に遊んでくれました。 さて、この絵本。ゆうじ君は、うさぎのギックと宝物を巡っていろいろ競争するわけですが、かけっこと相撲で競い合うの..

続きを読む

ぐりとぐら

2015/09/08 22:52
ぐりとぐら なかがわりえこ さく おおむらゆりこ え  (やまわきゆりこ) 1963.12.1. 1975.4.1. 「ぼくらのなまえは ぐりとぐら ぐりぐら ぐりぐら」の歌が脳内に心地よく響く大好きな絵本。日本生まれのネズミが主人公の絵本は!?と問われれば、多くの人が挙げるであろう「ぐりとぐら」。絵本の中の料理を紹介する本にパンケーキが登場すればきっとあの場面が紙面に広がる「ぐりとぐら」。がりやげらではだめで、ぐろやぐるも変。生真面目に感..

続きを読む

ちいさい みちこちゃん

2015/07/22 17:55
ちいさい みちこちゃん なかがわ りえこ さくやまわき ゆりこ え1972.4.1.1986.5.1.  幼稚園に入る前の妹や弟が、お兄ちゃんやお姉ちゃんに憧れて、一緒に行きたい、とくっついて行くという小さな子の王道ストーリー。小学校に上がっているお兄ちゃんお姉ちゃんに憧れるというバージョンもありますが、本当にこういうことって起こるのかしら?と不思議の種です。 みちこちゃんが幼稚園に入りたくて仕方なく、と言うより、幼稚園にいるお兄さんやお姉さんと遊びた..

続きを読む

おてがみ

2015/05/24 23:10
おてがみさく なかがわ えりこえ なかがわ そうや1969年4月1日発行1975年3月1日第二刷発行 タイトルと表紙の絵の記憶はあったのだが、残念ながら内容は全く覚えていなかったのだ。何故、こんなにも印象が薄いのか、分析するまでもなく、理由はいくつか思いつく。私がこの絵本を手にしたのは既に小学校に上がってから。つまり、同じことの繰り返しで展開する物語に面白さを感じなくなっていたのだろう。加えて、主人公がネコ。「長靴をはいたネコ」とか、「子ねこのピッチ」は何度も読んで..

続きを読む

もっと見る